本文へジャンプ

工法紹介

ウィンドミル工法

工法概要

ウィンドミル・ソイルコラム工法(以下、ウィンドミル工法)とは、特殊セメント(セメントスラリー)を地盤中に注入し、特殊な攪拌翼によって地盤とセメント分を混ぜることで高品質、高強度のソイルセメント改良柱体を地盤中に築造できる工法です。

ウィンドミル工法は、戸建て住宅基礎はもとより、擁壁基礎、カルバート基礎、タンク基礎、路体の沈下防止、地中連続壁等に適用されています。また、最近では汚染土壌の封じ込め対策や振動低減対策にも使用されています。

ウィンドミル工法の特徴

  1. 様々な改良形式に適用可能である。
  2. 様々な地盤(砂質土地盤、粘性土地盤、ローム地盤等)に対応できる。
  3. 攪拌効率が高く品質の安定したコラムが築造可能である。
  4. 地盤を攪拌するため発生残土が少ない。
  5. 低騒音・低振動工法のため周辺への影響が少ない。

公的機関で性能証明書を取得

「建築物などの施工技術及び保全技術・建設技術審査証明書」(財)日本建築センター

様々な改良機で小径改良から大型改良まで

小型施工機
(クローラー型)
大型施工機
(クローラー型)
ラフター型施工機

様々な改良形式

改良形式は、杭形式、ラップ形式、ブロック形式、壁形式など様々な配置が対応できます。

杭形式 ラップ形式

特殊な攪拌翼と施工管理

特殊な攪拌翼と完成された施工手順によって、より高品質且つ経済的な設計が可能。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ウィンドミル攪拌翼 施工パターン

品質管理

適切な品質管理や数々の施工実験、攪拌比較実験を通して、その優れた攪拌効果と品質管理技術が認証されています。

コア抜き取り状況 圧縮試験状況 掘り起こし確認

お電話・FAXでのお問い合せは
キューキ工業株式会社
電話:0985-32-7334
FAX:0985-28-9416

ホームページからのお問い合せは